新しい習慣を作っていくことは思っている以上に大変なことです。

 

そもそも、自分の中にないことを新しく作っていくわけですから当然自分の中で必要のないことという反発が起こってきます。

 

ダイエットを決意した人がなかなかダイエットを続けられない理由はそのためですね。

 

それがどんなに自分の中で将来的に絶対必要なことで、将来の夢を手に入れるために必要なことだからという強い動機があったとしても、今自分の中で起こっている「楽しくない」「つまらない」「辛い」という感情を解消することがとても大事なことなんです。

 

しかも楽しいこと、楽なこと、辛くないことも同時にすることができるわけですから当然そっちの方を優先してしまいますよね。

 

こうした感情を制御して自分の中で新しい行動を作っていくわけですから大変で当たり前なのです。

 

しかし、自分の考えとしては絶対にモチベーションを保ちながら続けて、何としてでも達成したい。

 

成し遂げたいこともあるかもしれません。

 

そうした人のためにオススメしているやる気を起こして自分を動かす方法が、絶対にやらなければならない状況を作り上げる方法をオススメしています。

 

具体的にだからやらなきゃいけないんだ!という状況を自分で作ってしまうことなんです。

 

仕事を例にするとわかりやすいかもしれません。

 

生活費は毎月どうしてもかかってきますね。

 

もし家族がいて養っている人であれば、楽しくない、辛い仕事を辞めたくても辞められないという状況が作られてしまいます。

 

これも自分の感情を上回るほど強烈な習慣形成の方法ですね。

 

例えば、資格試験の勉強を習慣にしたいと考えている人がいたとします。

 

そうした人が絶対にやらなければならない状況を作る方法でいうと、どこかのスクールにお金を支払って教室に通う方法などが考えられます。

 

しかも、スクール費用をローンなどで申込しているならなおさらでしょう。

 

毎月の支払額を見ていると絶対にいかなきゃいけない!辞められないという気持ちをキープしやすいものです。

 

今、辛い仕事を継続できている人であれば例えば今の仕事を一刻も早く辞めたい!という辛い状況を自分の中でイメージすることができれば、日々転職に向けた活動でも気持ちを保つことができるかもしれませんね。

 

あるいは、勉強にしてもそうです。

 

今いる環境が自分のいるべき場所ではない。苦しい。という痛みを強く連想することができれば、日々の活動でも頑張ることができますよね。

 

あるいは、あいつだけには絶対に負けたくないなどと誰かライバルを想定してもいいかもしれません。

 

人が行動をするしないというのは感情が支配していることです。

 

この感情をうまく使うことができれば習慣になっていき、あとは機械的に体が動いてくれるようになっていくのです。

 

人の気持ちは思っている以上に単純なものです。

 

辛い時でも楽しく笑ってみる。

 

辛い時でもあえて明るくふるまってみる。こうしたことをすれば悲しかったはずなのに楽しくなったりするものです。

 

楽しくない、辛い、つまらないという感情に支配されているようではなかなか習慣を作っていくことはできません。

 

上記の方法を使いながら感情をうまくコントロールしてみて下さい。